必要なのは目配りとコミュニケーション

チェーン展開するお店でアルバイトをするのは、マニュアル化された仕事を手際よく行うだけでよいという点で、慣れてしまえば比較的簡単だというメリットがあります。どの店舗で働いてもマニュアルは同じであることから、引っ越すことになり別の店舗で働くことになっても、即戦力として働けるのです。
すた丼屋は、男性を中心に人気のあるチェーン店であり、豚丼が代表的なメニューとなっています。基本的には、豚丼を中心としたバリエーションメニューとなります。そのため、アルバイトをする上で、料理の提供に慣れやすいというメリットがあるのです。サイドメニューも予め整えてあるので、手際よく働ける環境が整っています。慣れれば、仕事自体はほとんど機械的な作業で行えるようになるのが、すた丼屋でのマニュアル化された仕事の特徴です。
そのようなことから、実際に必要となるのは、料理を提供する技術より店内を見渡す能力です。客が注文したいと考えていたり、会計をしたいと考えていたりするという状況を、仕事をしながら目配りしていくという能力が必要になります。それができれば、飲食店としての評価が高くなるため、人材としても重宝されるようになるのです。
現場は、最低限の人数で回すことになるのが通常です。効率よくお店をまわすには、周りとの連携も考えなくてはなりません。他のスタッフとの協力が不可欠であり、人と人のつながりやコミュニケーションも重要になるのがすた丼屋のアルバイトといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です